三觜喜一が一番伝えたいこと!スウィングの原理原則を知ることでゴルフは飛躍的に上達する

●テークバックの始動は、左肩を下げることです
スウィングで最も重要なのはアドレス。しかし、いい構えをしていても、始動の仕方を間違うと大きな飛距離は得られないと三觜は言う。力を最大限に発揮するためには、始動時の左肩の動きがポイントになると言うが、果たして、テークバックでの正しい動きとは!?

【LESSON❶】野球の強打者はみなスウィングを始めるとき左肩を下げている

●大リーガーはなぜ大きな当たりを打てるのか
効率良くボールにエネルギーを伝えるためには、どう動けばいいか? そのことを野球のスウィングで説明しましょう。野球未経験者にバットを持たせると、ほとんどの人がバットを担ぎ、大根切りスウィングで打とうとします。しかしこれでは、当てることはできても遠くに飛ばすことはできません。また、少年野球では、「バットを立てて構え、上から下に振れ」と教えられることが多いのですが、この打法も大きな飛距離には繋がりません。

一方、最も遠くへ飛ばすことを得意としている大リーガーのスウィングを見てみると、ほぼ100%左肩を落として構え、打つ動作に入った瞬間にさらに左肩を下げて身体をねじり、そこからアッパー気味に身体をねじり戻すことでスピードを上げています。この大リーガーの始動が“飛ばしの極意”。ゴルフで飛ばすための秘訣もこの動きにあるのです。

●強打者のバットスウィング
強打者のスウィングを見ていると、打つ動作に入った瞬間に左肩が下がって身体がねじれ、バットの先端が飛球線方向に向く。このように始動時にバットの先端を手元よりも後ろに置き、そこから右肩を下げて身体をねじり戻すことでスウィングスピードを上げている。この動きがスムーズにできるように、大リーガーのバッターはほぼ100%左肩を落として構えている。

●少年野球で教えられるバットスウィング
少年野球では、「肩は水平にしてバットを立てて構え、上から下に振りましょう」と教えられることが多い。しかしこれも、当てることはできるが決して力強いスウィングにならず、力がある選手でも遠くには飛ばない。

●野球未経験者がやりがちなバットスウィング
バットを振ったことがない人にバットを持たせると、ほとんどの人がバットを担ぎ、大根切りのような動きでボールにバットを当てようとする。この動きでは、ボールに当てることはできても遠くに飛ばすことはできない。