右方向への出球を防ぐ「トウ・ファースト」のインパクトとは!?

「アクシス理論」のスウィングに取り組む中で、出やすい出球の傾向があります。

それは、打ち出しから右に行ったり、捕まらずに弱い球で右に行くパターンです。

「アクシス理論」は、腰を先行させたインパクト、インサイドからヘッドが向かうインパクトを実現させますが、ある要素が足りないと、弱い打球が出ます。

その要素とは、フェースが開いてインパクトしていること。

トップではフェースは開いていますが、つまりクラブのヒールがボールに近い状態であり、切り返しではヒール側から下りてきます(ヒール・ファースト=ヒールが先)。このままではフェースが開いた状態が続きます。

では、どうするかと言えば「トウ・ファースト」にします。

トウに意識を向け、トウを先に行かせることが必要です。ヘッドが軌道から外れないようにしながら、手首を使ってシャフトを回します。インパクトまで間に合うようにトウを追いつかせてスクェアにするのです。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。

The post 右方向への出球を防ぎ飛距離UPを実現する「トウ・ファースト」のインパクトとは!?【吉本巧のアクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!】 first appeared on ラブすぽ.