「タメ」をつくらないで飛距離を伸ばすメカニズムとは!?

クラブのトウを先に戻そうとすると、見た目には、「タメ」が早く解けているようになります。これは「アクシス理論」では、理想的なダウンスウィングなのです。

タメは飛距離を伸ばす原動力にもなりますが、それはプロ選手など、インパクトゾーンで一気にフェースをターンさせる技術と体力、そして練習量がある場合のみと考えてください。

タメればタメるほど、トウがヒールに追いつく時間が短くなるので難しくなるのです。

しかし、タメないことで利点もあります。

トウ・ファーストでトウをヒールに追いつかせ、ヘッドのリリースを早めると、早いタイミングでヘッドが飛球線に乗ると同時にインパクトゾーンが長くなるのです。

ボールを押す時間が長くなることで、飛距離アップの実現につながるのです。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。

The post トウ・ファーストで「タメ」を作らず飛距離を伸ばすメカニズムとは!?【吉本巧のアクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!】 first appeared on ラブすぽ.