ダウンスウィングでシャフト軸を右回転させる理由とは!?

ダウンスウィングではシャフト軸を回転させるというのも重要なポイントになります。

回転方向は、右回り。つまり、ヘッドも右に回転しながら下りてくることになります。

この動きは、傘を使って体感するとよりわかりやすくなります。傘をクラブに見立て、トップの位置を作ったら、手首の回旋を使って傘の軸を右方向に回転させながら足下まで下ろします。これが正しい動きです。

当たり前の動きのよう思われるかもしれませんが、ほとんどのアマチュアゴルファーは、トップからヘッドをボールにぶつけるように上体から打ちにいくため、傘が回転せず先端が直接ボールに向かうような動きになります。

そうならないためにも、軸を回しながら下ろしてくる。そうすれば、ヘッドもインサイドから戻ってくるようになります。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

The post 正確にボールを捉え、真っ直ぐ飛ばす為にダウンスウィングでシャフト軸を右回転させる理由とは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】 first appeared on ラブすぽ.