強いインパクトを作る正しい手首のリリースとは!?

多くのゴルファーが間違ったスウィングをしてしまう原因のひとつに、“タメ”の勘違いがあります。

強い球を打つためには、両腕とクラブとの間にタメを作ることが必要だと考えている人が多いようですが、実際はタメを作る必要はありません。

とはいえ、プロの連続写真を見るとタメているように見えます。あのタメは何なのか?

実は、一見タメているように思えるあの動きは、タメではなく、クラブが後ろに倒れているだけです。実際にはクラブを右側に放り出しているだけで、この動きに身体の回転がともなうとタメているように見えるわけです。

そういう点から言うと、むしろ手首をほどく動きが重要になってきます。ほどく(リリースする)というと、手首の角度を緩めることだと勘違いする人がいるかもしれませんが、正しいリリースというのは、左手甲は山型に折れ曲がり、右手首がしっかり保たれた状態になることです。

この動きでインパクトを迎えると、右手はダーツを投げるような形になりますが、これが強いインパクトの秘訣。インパクトのとき、多くのゴルファーがやるように、右手のひらがターゲット方向を向いていては、強いインパクトは生まれません。

大きな飛びを手に入れるためにも、手首をほどき右手の角度をキープしてインパクトを迎えるという動きをマスターしましょう。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.9』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

The post 飛距離を手に入れる為に重要な強いインパクトを作る正しい手首のリリースとは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】 first appeared on ラブすぽ.