前屈障害型腰痛と後屈障害型腰痛

●特定の体勢で痛みが出る
腰の痛みといっても出るタイミングは人それぞれ。でも大きな痛みの分類として『前に屈むと痛い(前屈障害型腰痛)』と『後ろに反らすと痛い(後屈障害型腰痛)』という分け方があります。まず前に屈むと痛い場合ですが、椎間板の障害や脊椎の変性。また、働き盛りのデスクワークなどによる背筋の疲労などが原因として考えられます。落としたペンを拾ったり、台所で屈みながら調理をすると痛みが発生します。背筋が弱かったり、普段から猫背やストレートネックで生活している場合に発症することも。

痛みが出たらなるべく屈まないこと、完治したら軽い背筋トレーニングなどで予防することが大事です。後ろに反らすと痛い場合も、椎間板の障害や脊椎の変性が原因となります。特に加齢による歪みが腰痛に繋がります。対策は、手術やコルセットなど治療法は色々ありますので、お医者さんと相談して決めると良いでしょう。両者に言えることですが、痛みがなくなったタイミングで正しいトレーニングを行うこと。次に、普段の生活で正しくない座り方や寝方をしていないか見直すこと。そして体を動かすことを恐れず、適度な運動を心がけましょう。そうするだけで、筋肉や骨がサポーターとなり、再発を抑えていくことができますよ。

『前屈障害型腰痛』とは?

前に屈むと痛い場合。ちょっとした屈む動作や物を取るときに痛いと感じるのは『前屈障害型腰痛』と呼ばれています。


『後屈障害型腰痛』とは?

背中を後ろに反らした際に痛みがあるのは『後屈障害型腰痛』と呼ばれています。


【出典】『原因不明の腰痛は自律神経が9割』
著:小林弘幸/順天堂大学医学部教授 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。スポーツ庁参与。順天堂大学医学部卒業、同大学院医学研究科を修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、現職。自律神経研究の第一人者として、トップアスリートや文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導に携わる。『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)、『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)など、著書も多数。