人との良好関係にある微生物が抵抗力をつくる

微生物は、どこにでもいるわけですが、私たちの体もその例外ではありません。私たちの体には、たくさんの微生物が生きています。もちろん、皮膚、腹中、口中、鼻の穴、髪の毛などさまざまな場所にもいるわけです。

かなり乱暴な説明ですが、私たちの体は、竹輪(ちくわ)のような構造をしています。体の表面が竹輪の焼き目のついた部分で、竹輪の穴が口と肛門になります。本当の意味での体の内側は、竹輪の身に相当する部分で、それ以外は外側になります。

体の内側(竹輪の身に相当する部分)に微生物が侵入すると、病気になってしまうのに、体の外側(竹輪の表面と穴の表面)にはたくさんの微生物が存在しているのです。

健康な人のいつも同じような場所にコロニーと呼ばれる集団で暮らしていて、人と良い関係で共生している微生物を常在菌と呼んでいます。常在菌は多種多様で、棲息している体の部位、その人の年齢、性別、住んでいる場所、気候、生活習慣、などさまざまな要因によって変化します。それぞれの常在菌の集団は、たいてい数種類の微生物で構成されていますが、なかには、何十種類、何百種類もの微生物で集団を形成している場合もあります。

常在菌は、私たちに病気を引き起こすどころか、病気の原因となる微生物から体を守っていることもあります。赤ちゃんが母親の胎内にいるときは、無菌状態ですが、生まれてすぐに微生物とともに生活をすることになります。マウスの実験でこの無菌状態を保ったまま生育させると、通常より1.5倍ほど長生きできることが報告されています。ですが、無菌で生育させたマウスは免疫系の発達が未熟で、感染症に対して抵抗力が弱くなってしまうのです。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 微生物の話』
著者:山形洋平  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
1961年生まれ。東京農工大学農学部農芸化学科卒業。東北大学大学院農学研究科農芸化学専攻(博士課程後期)修了。東北大学農学部助手、東京農工大学共生科学研究院准教授、東京農工大学大学院農学研究院准教授を経て、現在は東京農工大学大学院農学研究院教授。農学博士。趣味は、醗酵食品の食べ歩きと醸造飲料の飲み歩き。