高カカオチョコレートが脂肪を燃やす

「脂肪を減らすのに甘いものは大敵」と思っている人は多いと思います。ただ、「高カカオチョコレート」は内臓脂肪を減らす強い味方です。※掲載の情報は2021年8月現在の編集部調べによるものです。価格はすべて税込み表示です。

●血糖値の上昇を緩やかにし脂肪を燃焼しやすくする
高カカオチョコレートとは、カカオ成分70%以上のチョコレートのこと。うまく活用すれば、太りにくい体をつくる強い味方になります。高カカオチョコレートには「カカオプロテイン」という植物性たんぱく質や食物繊維が豊富です。この栄養素の働きによって血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪がつきにくくなります。

また、抗酸化物質「カカオポリフェノール」が多いこともポイント。体内に入ると、インスリンの働きを改善し血糖値を下げやすくします。さらには、脂肪燃焼を促進させる効果も。ただし、体にためておくことはできないので、1日に一片(5g)を朝・昼・夕の食前、午前と午後の間食に一片ずつ、計25グラム食べるとよいでしょう。

●高カカオチョコレートの効果的な食べ方
カカオ成分が70%以上含まれる「高カカオチョコレート」。いくつかのポイントを押さえながら食べることで、痩せやすい体をつくり、かつストレスをやわらげる効果もあります。

【1】間食に食べてもOK!
小腹が空いたとき、イライラしているときなどに食べればリラックス効果も期待でき、間食にもぴったりです。

【2】5〜6回に分けて食べる
チョコレートに含まれるポリフェノールは体内にためておけません。5g程度を1日5〜6回に分けて食べましょう。

【3】1日25gを目安に食べる
様々な実験により、1日に食べるとよいとされる量は25g とされているので、この量を目安にしましょう。

コンビニでも手軽に手に入るおすすめアイテム!

●株式会社 明治『チョコレート効果カカオ72%』
カカオの華やかな香りとコク、そして上質な苦みが特徴のカカオ分72%の本格ビターチョコレートです。程よい甘さで、1枚(5g)食べるだけで満足。持ち歩きにも便利で、ついついしがちな間食にもぴったりなサイズです。


◦金額:237円 ◦内容量:75g◦栄養成分【1枚(5g)あたり】エネルギー:28kcal /たんぱく質:0.5g /脂質:2.0g/炭水化物:2.2 g( 糖質:1.6g、食物繊維:0.6g)/食塩相当量:0g /カカオポリフェノール:127mg

●株式会社 明治『チョコレート効果カカオ86%』
カカオの力強い香りとコク、上質な苦み、ほのかな甘さが特徴の本格ビターチョコレート。カカオ豆の加工方法を見直し、食べやすい味わいに。美容と健康を意識した人にうれしい高カカオポリフェノール配合です。


◦金額:237円 ◦内容量:70g◦栄養成分【1枚(5g)あたり】 エネルギー:29kcalたんぱく質:0.7g /脂質:2.3g /炭水化物:1.8 g( 糖質:1.0g、食物繊維:0.8g)/食塩相当量:0g /カカオポリフェノール:147mg

●森永製菓 株式会社『カレ・ド・ショコラ〈カカオ70〉』
日本市場にはじめてカカオ70%の本格的なチョコレートとして誕生。数種類のカカオ豆のブレンドと、焙煎方法の理想的な組み合わせにより酸味・渋みなどの雑味を低減。華やかな香りとコクを楽しめます。


◦金額:356円 ◦内容量:101g(21枚)◦栄養成分【1枚(標準4.8g)あたり】 エネルギー:28kcal /たんぱく質:0.4g /脂質:2.0g /炭水化物:2.3g(糖質:1.8g、食物繊維:0.5g)/食塩相当量:0.0005g(推定値)/カカオポリフェノール:110mg 

【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。