太るお酒と太りにくいお酒がある

●糖質ゼロの「蒸溜酒」は飲んでも太りにくい
お酒の種類によっても脂肪のつきやすさは変わります。内臓脂肪を減らしたい場合は、「糖質が少ないお酒」を選ぶとよいでしょう。具体的に、焼酎やウイスキー、ブランデー、ウォッカなどの「蒸溜酒」は糖質がゼロ。そのため、内臓脂肪がつきにくいお酒といえます。一方、気をつけたいのが、焼酎を果汁(果糖)や甘いシロップで割ったチューハイ系。果糖は糖質類の中でも素早く吸収されるので、血糖値が急激に上がり中性脂肪が増えやすくなります。

おすすめの飲み方はこれ!

●ソーダ割りを選べば満腹感も得られる
お酒の飲む量を抑えるなら、満腹感を得やすいソーダ割がおすすめ。さらに炭酸が血管を広げて血流をよくするため、アルコールが素早く脳に達し、少量で酔うことができます。


●効率的に酔うには温かいお酒をチョイス
アルコールは人の体温に近くなってから吸収が始まるため、冷たいお酒よりも温かいお酒のほうが酔いが早くまわります。少量で酔うためには温かいお酒を選びましょう。


【蒸溜酒なら糖質0!】
焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸溜酒は、醸造酒に熱を加え、エタノールを蒸発させてから冷却し凝縮したもの。蒸溜の過程で糖質などの不純物が取り除かれます。


【飲むのを控えたいお酒】
甘いお酒は飲みやすくて人気ですが、糖質が多く含まれているものもあり、飲み過ぎには注意が必要です。なかには、糖質が缶ビールの2倍以上含まれていることも。


【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。