太りにくい!おつまみの選び方

内臓脂肪を増やさずにお酒を楽しむためには、糖質の少ないお酒を選んだうえで、たんぱく質の多さや食べる順番など、おつまみの食べ方にも気をつけましょう。

     

●おつまみの食べる順番はたんぱく質が先
本書『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』第2章で食べる順番を紹介しましたが、おつまみの場合はまた変わります。ダイエット中のときは食物繊維をはじめに食べてもよいですが、単に「酒太り」を防ぐためなら、脂肪を燃やすのに必要な肉や魚、卵、大豆製品などの「たんぱく質」から食べて、内臓脂肪を落とすほうがおすすめです。


【食べてもOKなもの】たんぱく質が多いものを選ぼう
脂肪を燃焼させるためにしっかりとりたいのが「たんぱく質」。たんぱく質をはじめ様々な栄養が豊富に含まれた卵、食物繊維が多い枝豆、糖質をほとんど含まないからあげなどがおすすめです。


【食べるのを控えたいもの】糖質が多いものは避けよう
おつまみはなるべく糖質の低いものを選ぶのが鉄則。じゃがいもなどのいも類は糖質が高く、ごはんやめん類などは糖質の塊。フルーツの果糖は消化が早く脂肪が合成されやすいのでNGです。


【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。