食事を変えれば超速で効果が出る

健康診断を目前にすると、日頃の不摂生を悔やむ人が多いのでは。ただ1週間もあれば数値は改善できます。まずは診断に向けて生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか。

     

●健康診断をきっかけに食生活の改善を
糖質が控えめの食事にすることで、健康診断の検査結果はすぐに改善できます。例えば、中性脂肪は過去3日間の食事に影響を受けて変わります。健康診断の3日前から糖質を過剰にとらないよう心がけることで、数値の改善が期待できるでしょう。そのほか、血圧やコレステロール値、ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTPなどは約1ヶ月前、糖尿病かどうかを判別するHbA1cは1ヶ月半ほど前から食事を改善すれば、数値の変化が見られます。脂肪が気になりながらもなかなか改善に取り組めない人は、健康診断をひとつの目標に食生活を見つめ直してみてもよいでしょう。

●中性脂肪は3日前から変化する
中性脂肪の数値は、過去3日間に食べたものの影響を受けて変化します。つまり、食事に気をつければ3日で数値は改善しますし、逆に糖質をとり過ぎれば3日で数値は悪化してしまいます。


【食べていい野菜を見極める】
葉物野菜は糖質が少なくビタミンCが補給できるため積極的に食べたい野菜です。いも類や根菜類は糖質が多いので食べ過ぎは禁物。


【サバ缶&納豆で中性脂肪を減らす】
サバ缶に多く含まれるEPAには内臓脂肪を減らす作用があります。栄養豊富な納豆の食物繊維や植物性たんぱく質は糖の吸収を緩やかにします。


【早食いは肥満一直線!ゆっくりよく噛んで食べる】
ゆっくりよく噛んで食べると、糖質の吸収が穏やかになります。また、食べ始めて約20分もすれば満腹感を得られるので、痩せやすくなります。


【出典】『ストレス0!で内臓脂肪が落ちる食べ方』
監修:栗原毅 日本文芸社刊

監修者プロフィール
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。前東京女子医科大学教授、前慶応義塾大学特任教授。現在は栗原クリニック東京・日本橋院長を務める。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく予防にも力を入れている。血液サラサラの提唱者のひとり。『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』(日本文芸社)をはじめ、著書・監修書多数。