出来の悪い部下は変わるのを側面支援しよう

リーダーとしては、成績の振るわない部下、行状(ぎょうじょう)の悪い部下の扱いに悩みます。

彼らを更生させる方法はないでしょうか。

出来の悪い部下というのは、概(おおむ)ね次の4つに分けることができます。

❶ ビジネスパーソンとしての基本的な能力に欠ける。素質に欠けている。

❷ 基本的な能力も素質もあるが、現在の仕事に対する適性がない。

❸ 能力も適性もあるが、やる気がない。

❹ どういう働きを求められているかわからず、ピントがズレている。

❶の能力不足の部下に対する処方箋(しょほうせん)は、スキルアップのトレーニングが必要です。

もう1つ、能力に応じて仕事の負荷を減らすという方法もあります。

❷タイプの解決法は配置転換です(左遷ではありません)。

私は営業成績の上がらない社員を、思い切って営業から外したことがあります。経理部門へ移した彼は、水を得た魚のように 甦(よみがえ)りました。

❸タイプへの処方箋は、意欲が落ちた理由を明らかにし、改められることから改めることです。

❹は上司が自分は部下に何を求めているか、役割は何なのか、何が目標なのかを納得できるまで説明することで改善は可能です。

それでもなお本人に改善の兆しがなければ、左遷やクビを決断することもやむを得ません。

逆に言えば、これだけのことをやらなければ、左遷やクビなどしてはいけないということです。

【出典】『面白いほど役に立つ 図解 人を動かすリーダー力』
著者:新 将命  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
新 将命(あたらし まさみ) 株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。1936年東京生まれ。早稲田大学卒業。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。現在、ライザップグループ株式会社など数社のアドバイザーを務める。「伝説の外資トップ」と称され、“実論”にもとづいた独自の経営論・リーダーシップ論には定評がある。