暴落相場も怖くありません

一括投資であれば、投資してすぐに市場が暴落に見舞われてしまうと目もあてられない惨事になりますが、積み立て投資なら心配いりません。高値で買ってしまったのは最初の数か月だけで、目の前の暴落相場ではバーゲン価格で投資できます。暴落相場が長いほど、また下落幅が激しいほど、長い期間、安く買い続けることができるので、回復したときの利益を大きくできるわけです。

●半値まで暴落しても、資産は倍になる
価格が変動するリンゴを6か月の間、毎月100円で買い続けると考えてみましょう。最初の月のリンゴ価格は100円なので1個、翌月は50円に値下がりしたので2個、というふうに、どんどん値下がりするリンゴを100円分買い続けていきます。4か月目には10分の1の10円にまで値下がりしましたが、ここで底打ちして最後の6か月目には50円にまで回復しました。それでも投資を始めたときの半値までしか戻っていません。6か月間で投資した合計600円の資金を、もし最初の月に全額投資していたら、最終的に買えたリンゴは6個。価格は半減しているので、保有しているリンゴの価値は300円と資産を半減させたことになります。


一方、積み立て投資の場合、買えたリンゴの数はなんと25個に達します。6か月後の価値は1250円で、投資したお金は倍以上に膨らんだことに!投資を始めてすぐに暴落に見舞われ、投資終了時のリンゴ価格はスタート時の半分まで下落しているにもかかわらず、最終的に資産は倍以上に増えているのです。いったいどうして?それは、途中に暴落相場を経験したからです。暴落相場では安く買えるので、この間にたっぷりと仕込んでおけば、最終的にはスタート時まで価格を戻すことができなくても利益が出るのです。この例ではリンゴの価格が50円に回復した時点で投資をやめていますが、100円に戻るまで待つことができれば、600円の投資を2500円まで増やせる計算になります。一括投資なら投資した額に戻っただけでプラスマイナスはゼロなのに、積み立て投資ならその時点で資産は4倍を超えています。

もちろん、暴落の真っただ中では、すでに買ってある資産は元本割れ。このリンゴのケースでも、10円まで下落した月には前月まで300円投資したリンゴは80円の価値しかなくなっています。これまでに投じた資産が3分の1以下になっている状態ですから、気持ち的にかなり苦しい局面です。耐えきれずに投資をやめて損失を確定してしまう人もいるでしょう。でも、そこをなんとか投資を続けることができれば、相場が回復したときには大きな利益が出る!長期の積み立て投資は、そんな投資なのです。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。