iDeCo、つみたてNISAは税金、換金性、積み立て額などで魅力が異なります

iDeCoとつみたてNISAに共通する主な魅力は、「利益に税金がかからない」ことです。通常、資産運用で得た利益には約20%課税されます。株式投資はもちろん、投資信託の利益や預金の微々たる利息にも税金はかかります。しかし、iDeCoとつみたてNISAでは、どれだけ利益が出ても非課税です。たとえば、100万円の利益が出た場合、通常の課税口座では約20万円が税金として引かれてしまいますが、iDeCoやつみたてNISAでは利益に税金がかかりません。

当然ながら、利益が大きくなればなるほど非課税のメリットも大きくなります。ただし、iDeCoの場合は、老後に受け取る際には、利益の額に関係なくすべての元本と利益が課税対象です。ただ、受け取る際にも税制優遇措置を受けられるので、実質的には非課税で受け取ることができるケースもあります。

●いつでも換金できるのが、つみたてNISAの魅力
所得控除はiDeCoだけのメリットですが、つみたてNISAにしかないメリットもあります。つみたてNISAは最長20年間、利益に課税されずに積み立て投資を続けられますが、続けなければいけないわけではありません。お金が必要になったときや、十分な利益が出ているときには、いつでも換金できます。ただ、運用する対象が、元本割れする可能性があるリスク資産である以上、お金が必要な時期に必ず利益が出ているとは限りません。このため、使う時期を動かせないお金を貯めるのには向いていません。

でも、いつでも換金したり、投資をやめたりできるのですから、始める際の心理的なハードルは低くなるでしょう。ちなみに、iDeCoは老後のための資金形成が目的なので、途中でお金が必要になったとしても、原則として60歳になるまでは換金できません。「意思が弱くて途中で使ってしまいそう」そんな人には換金できないことがメリットにもなりますが、使い勝手の面ではマイナスポイントですね。また、iDeCoは積み立てる金額を変更できるのは年1回ですが、つみたてNISAは変更が自由です。「毎月の投資の金額が大きすぎるかも……」「家計が苦しくなった!」こんなときには、いつでも、何度でも積み立て額を変更できます。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊

監修者プロフィール
明治大学在学中より、雑誌の編集に携わり、卒業後にフリーランスの雑誌記者として独立。1988 年より女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。1999年にファイナンシャルプランナー資格取得。2010年にファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行なう。2012 年よりフォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)の活動に参加、消費者教育を担当。近著に『年収200 万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SB クリエイティブ)、『まだ間に合う! 50 歳からのお金の基本』(エムディエヌコーポレーション)、『節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本』(朝日新聞出版)などがある。