22時には消化を終えるように食べる

食事をとる時間帯に気をつけることでも、内臓脂肪をつけにくくすることができます。

前提として、食事は朝・昼・晩と3食きちんと食べましょう。1食抜いて食事と食事の間隔が開き過ぎると体が飢餓状態になり、体に入ってきた糖質を急いで吸収し、脂肪としてため込もうとしてしまいます。また、血糖値も急激に上がるため、脂肪が増えやすくなります。

食べる時間でまず気をつけてほしいのは、夕食が遅くなり過ぎないようにすることです。というのは、代謝を促して脂肪を燃焼させる「成長ホルモン」は22時から深夜2時に多く分泌されることがわかっています。この時間帯に胃が食べ物を消化していると、成長ホルモンの分泌量が減り脂肪が燃焼されにくくなるのです。

また、22時から深夜2時は、脂肪の合成を促し脂肪細胞を生み出すたんぱく質「BMAL1(ビーマルワン)」(脂肪貯蔵たんぱく質)が増える時間帯でもあります。BMAL1が多く存在する時間帯にたくさん食べると、それだけ脂肪をため込みやすくなります。ちなみに、BMAL1が最も減るのは14時。こういった働きから考えると、糖質が多めの食事は10時から19時にとるのが理想的です。

どうしても夕食が19時以降になる場合は22時までに消化を終えられるよう、消化のよいものを軽めに食べるようにしてください。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』著/栗原毅

「図解 内臓脂肪の話」は、こんな方にオススメです!

・痩せたい!
・健康になりたい!
・家族の健康が気になる!
・お酒を飲みながらダイエットしたい!

以上の方には「図解 内臓脂肪の話」は大変おすすめな本です。

『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』
『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが
最短ルート』
『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』

など、今日から使える知識が満載!

5

本書ではその方法を図解とともに分かりやすくご紹介!

内臓脂肪の気になる疑問が一発でわかる!

第1章 内臓脂肪を減らすのに運動はいらない
第2章 放っておくと怖い内臓脂肪の脅威
第3章 驚くほどお腹が凹む最強の食べ方
第4章 外食、飲み会を賢く乗り切る
第5章 無理なく続く! 内臓脂肪が落ちる生活習慣

3

内臓脂肪が気になっている方にはどれもこれも気になってしまう内容です。
すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介しているので、一冊持っていれば内臓脂肪のことが丸わかり!

読みやすい文字量と分かりやすい図解で一気に読める!

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。
内臓脂肪だけでなくダイエット全般の疑問や悩みを徹底的に解説されています。

4

画像2

内臓脂肪を知り、ためこまない生活を目指す!!

1

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、
何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、
肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。

そこで問題なるのが『内臓脂肪』

まずは、内臓脂肪がたまる仕組みとそのリスクを理解しましょう。

その上で、内臓脂肪を落とす方法を身につけましょう。難しいことは何もありません。

「自分の健康は自分で管理して守る時代」になりました。
本書を通じ、内臓脂肪を落とすコツをつかんでいただければ幸いです。

ダイエット成功を目指す全ての国民におすすめする一冊!ぜひ、一度ご一読ください!!