アルブミン量を増やし痩せやすい体に

中性脂肪を減らすためには、糖質を減らすことに加えて、動物性たんぱく質をたっぷり含む肉と卵を積極的に食べるように心がけましょう。

肉に含まれている脂を敬遠する人がいますが、体のエネルギー源や細胞膜などの材料になる大切な栄養素なので、糖質を減らした分きちんと食べるのが正解です。

また、卵も肉と同様、優秀なたんぱく源です。「卵はコレステロール値を上げる」という説もありましたが、それはずいぶん前に誤りであるということがわかっています。

さらに、動物性たんぱく質は体内のアルブミンの量を増やす効果があります。アルブミンは血液に含まれるたんぱく質。筋肉や血管、髪の毛、皮膚などを構成する組織の材料であるアミノ酸を体中に運ぶ役割があり、不足するとアミノ酸が必要な組織に行き届かなくなります。脂肪を燃焼する筋肉量も減るので痩せにくくなるうえ、骨がもろくなる、免疫力が落ちるといった、様々な問題も引き起こします。

たんぱく質の1日の摂取量の目安は、体重1キロあたり約1グラム。体重60キロの人であれば60グラムを目指しましょう。肉は100グラムにつき約20グラム、卵1個につき約10グラムのたんぱく質が含まれているので、食材を組み合わせながら日々のメニューにとり入れてください。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』著/栗原毅

「図解 内臓脂肪の話」は、こんな方にオススメです!

・痩せたい!
・健康になりたい!
・家族の健康が気になる!
・お酒を飲みながらダイエットしたい!

以上の方には「図解 内臓脂肪の話」は大変おすすめな本です。

『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』
『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが
最短ルート』
『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』

など、今日から使える知識が満載!

5

本書ではその方法を図解とともに分かりやすくご紹介!

内臓脂肪の気になる疑問が一発でわかる!

第1章 内臓脂肪を減らすのに運動はいらない
第2章 放っておくと怖い内臓脂肪の脅威
第3章 驚くほどお腹が凹む最強の食べ方
第4章 外食、飲み会を賢く乗り切る
第5章 無理なく続く! 内臓脂肪が落ちる生活習慣

3

内臓脂肪が気になっている方にはどれもこれも気になってしまう内容です。
すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介しているので、一冊持っていれば内臓脂肪のことが丸わかり!

読みやすい文字量と分かりやすい図解で一気に読める!

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。
内臓脂肪だけでなくダイエット全般の疑問や悩みを徹底的に解説されています。

4

画像2

内臓脂肪を知り、ためこまない生活を目指す!!

1

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、
何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、
肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。

そこで問題なるのが『内臓脂肪』

まずは、内臓脂肪がたまる仕組みとそのリスクを理解しましょう。

その上で、内臓脂肪を落とす方法を身につけましょう。難しいことは何もありません。

「自分の健康は自分で管理して守る時代」になりました。
本書を通じ、内臓脂肪を落とすコツをつかんでいただければ幸いです。

ダイエット成功を目指す全ての国民におすすめする一冊!ぜひ、一度ご一読ください!!