人間を懲らしめるために送り込まれ、数々の厄災を世に放つ

パンドラはゼウスの命令によってつくられた、人間の初の女性。ヘパイストスが泥と水をこね、アフロディテが男を惑(まど)わせる魅力を、ヘルメスが嘘や狡猾(こうかつ)さなどを与えました。

女神たちに華麗な衣装や装飾品で飾られたパン(すべて)ドラ(贈りもの)は、人間を苦難に向かわせる存在として送り込まれます。

これはプロメテウスが天の火を盗み、飢えや寒さに苦しむ人間に分け与えたことへの罰でした。プロメテウスも岩山にくくりつけられ、日々、大鷲(おおわし)に体を食いちぎられるという罰を受けます(下図参照)。

人間界に送り込まれたパンドラは、ゼウスからけっして開けてはならないと言われた甕(かめ)の中をこっそりのぞいてみることに。

甕のふたをずらすと、なかからたくさんのものが恐ろしい勢いで飛び出していきます。あわててふたをしたものの、ときすでに遅く、中に残ったのはひとつだけでした。

世界中に飛び散ったものは、疫病や犯罪、悲嘆や疑念といった厄災(やくさい)たち。以後、人間は怯え心配しながら暮らすこととなりました。

一方、甕の中に残ったひとつは希望(エルピス)でした。困難や絶望に打ちひしがれるときでも、未来に希望を持つことだけは許されたというわけです。

*エルピス:パンドラが開けた甕に残っていたもの。古代ギリシャ語であり、希望、予兆、期待などと訳される。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊