世界中に響く角笛で最終戦争の開戦を伝える

アース神族が暮らすアースガルドには虹の橋ビフレストが架かり、それはほかの世界へ通じる橋でした。その橋の番人をしていたのが、ヘイムダルです。

ビフレストを見渡せる位置に建つ豪奢(ごうしゃ)な館ヒミンヴョルグに住み、黄金の歯を持つヘイムダルは、アース神族一のイケメン神。「白いアース」とも呼ばれています。

母は、海神エーギルの娘である9人姉妹というなんとも奇妙な出生。9人姉妹は波の象徴でもあることから、ヘイムダルは波間に輝く太陽の反射をキャラクター化したのでは、という説が有力。また、ユグドラシルの9つの世界と関連しているという説もあります。

世界中を旅したヘイムダルは、3人の女性との間にそれぞれ子どもをもうけます。後に子どもたちは、奴隷、農民、王族という階級のもとになったため、ヘイムダルは、人間社会を創造した父とも考えられています。

100マイル先まで見える視力、植物が成長する音や動物の毛が伸びる音を聞き分ける聴力、鳥より短い睡眠時間と特殊能力が満載。

最終戦争ラグナロクでは、角笛ギャラルホルンで世界中に開戦を知らせ、戦士を集結させます。最後には、かねてからのライバルだった悪神ロキと戦い、ともに死を遂げます。

*ビフレスト:神々が地上からアースガルドへとかけた虹の橋で、「ぐらつく道」という意味。ヘイムダルはこの橋のたもとで番をしている。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊