大騒動を巻き起こし、ラグナロクの火種にも

これまでにも何度もその名が登場した悪神ロキ。両親ともに巨人でありながらも、オーディンとは義兄弟となります。

性格はいたってずる賢く、嘘や偽(いつわ)りは得意技。常に相手を欺(あざむ)きながら、アース神族とは善と悪の両面で深くかかわっていきます。

本来は容姿端麗な男神のロキ。巨狼フェンリル、大蛇ヨルムンガンド、冥界の女王ヘルら多くの巨人族や怪物の父となります。

変身能力にもたけていて、両性具有でもありました。あるときは牝馬(ひんば) に変身し、牡馬(ばば)と交わって8本足の馬のスレイプニルとなりました。

またあるときは、女神イズンをだまして連れ出し、その隙(すき)にイズンが守るリンゴを鷲(わし)に化けた巨人に盗ませました。神族の若さの象徴・リンゴが巨人族に奪われ、激怒したオーディンは、リンゴの奪還をロキに命じます。

ロキは鷹(たか)の姿でヨツンヘイムに侵入してイズンとリンゴを取り返しますが、鷲のシャツィに猛追され、命からがらアースガルドに逃げ込みます。神たちは急いで火を焚(た)き、追いかけてきた鷲のシャツィを焼き殺しました。

このように、ことあるごとに大騒動を巻き起こす迷惑な存在ロキ。最終戦争ラグナロクの開戦も、ロキの悪事が引き金となります。

*スレイプニル:ロキが牝馬に変身して生んだ8本足の馬。オーディンの愛馬となって世界中を駆け巡り、最高神としての威厳を保つための一翼を担った。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊