数々の武勲を持つ北欧神話の神々や英雄にももちろん、彼らを象徴する武器が存在する。その一部を紹介しよう。

Ⅰ最高神オーディン

愛用の武器はグングニルという槍。的を外さず、相手を貫いた後は自動的に戻ってくるという。柄は聖なる木トネリコでつくられ、穂先には破壊力を増すルーン文字が刻まれている。

Ⅱ雷神トール

北欧神話でも一番といってもよいほどの最強の武器、戦槌(せんつい)ミョルニル。一撃で敵を倒すだけではなく、浄化と復活のパワーを発揮する不思議なもの。鉄の籠手で握りしめて使う。

Ⅲ英雄シグルズ

オーディンが自らの後継者を探すべく行なった力自慢で、見事オーディンの剣を手に入れたのがシグルズの父。シグルズはその剣を受け継いだ。石や鉄をもたやすく切り裂いたという。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊