ランニングアプローチの距離の打ち分け方

第1段階 クラブを替える


第2段階 同じクラブでロフトを変える


第3段階 振り幅を変える


【注目ポイント】
●距離の打ち分けはレベルに合わせて3種類から選択する
●第1、第2段階は振り幅を同じまま、クラブを替えるか、アドレス時のロフトを変えることで対応し、ミスを減らす
●第3段階はクラブは同じで、振り幅を変えることで対応し、キャリーを変える

出典:『クォーター理論 基本編』著/桑田泉