傾斜と同じ傾きを自分で作ってボールを打つ

●軸を傾ければ傾斜と同じ状況になる
傾斜から打つテクニックは実戦で磨くしかないと思っている人も多いでしょうが、実は普段の練習でも上達することは可能です。

その方法とは、傾斜と同じように自分が傾くこと。例えば左足下がりなら、軸を左に傾けて立ち、ボールを打てばいいのです。

この練習をしておけば、コースで慌てることもなくなるはずです。

出典:『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』