構えたときから左足体重でスウィング

●ロフト通りの飛距離が実現する
ショートアイアンやウェッジで距離を打ち分けるためのドリルです。

アマチュアゴルファーの中には、切り返し以降も右足に体重が残り続け、インパクトで身体が起き上がってしまったり、手を伸ばしてボールを打ちにいこうとする人がいます。

そのような動きを防ぐために、構えたときから左足に体重を乗せ、左足体重のままボールを打つドリルをやっておきましょう。

左足体重で打つ動きが身に付けば、インパクトもハンドファーストになります。

出典:『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』