クラブを持たない素振りで手と身体との一体感を覚える

●下半身が動くことで上半身も動く
スウィング中、常に両手が身体の正面にあることをイメージすると同時に、下半身が動くことによって腕も自然に動くことを体感するためのトレーニングです。

ゆっくりと動作を行うことで、お腹や足が苦しく感じるはずなので、その苦しくなった場所にしっかり力を入れることがポイントになります。

出典:『菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!』