アドレスは反り腰ではなく〝受け腰〟!

●「背筋を伸ばしてお尻を上げる」は間違い
いいポスチャー(アドレス)とは、地面をしっかりと足の指で掴んだ姿勢を言います。背筋を伸ばしてお尻を高く突き上げるといわゆる「反り腰」の形になりますが、これは足の指が浮く「浮き指」になりやすく、指で地面を掴むことができません。

世界標準の正しいポスチャーとは反り腰ではなく〝受け腰〟。背中が軽く丸まり、背筋から腰までが真っすぐの姿勢になった〝受け腰〟の状態で構えると、足の指でしっかりと地面を掴むことができます。

【日本標準】反り腰ポスチャーではスウィングに力が生まれない!
背筋が反り、高い椅子に腰掛けるように尻が上がった反り腰ポスチャーはバックスウィングで右にスウェーしやすく、正しいボディターンができないためにスウィングにパワーが生まれない。

【世界標準】世界標準のアドレスは“受け腰”!

●受け腰ポスチャーはこう作る!
ヘソから指3本ぶん下のあたり(=「丹田」)を強めに手で叩くと、自然にヘソが上を向いて、背中が軽く丸まる。

出典:『世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実』著/板橋繁

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。