似ていないけどシーラカンスの仲間

「生きている化石」の代表として知られているシーラカンスが白亜紀末に絶滅せず、現在も生きていることがわかったのは1938年のことです。南アフリカ南東部カルムナ川河口付近で捕獲されたことがきっかけでした。

いまでは、南アフリカやインドネシア沖の深海に、2種のラティメリア属のシーラカンスが生息していることが確認されています。ただし、生息が確認されているのは数百匹のみで、国際取引はワシントン条約によって厳しく制限されています。体の基本的な構造は太古からほとんど変わっていません。

肉厚のヒレを交互に動かして左右に移動したり、バックしたり、逆立ち泳ぎをするなど、その器用な生態も観察によって明らかになっています。

シーラカンス類は一見すると条鰭類(じょうきるい)の仲間に見えますが、ティクターリクやイクチオステガと同じく、肉鰭類に分類されます。

シーラカンス類のなかでも、古生代デボン紀に出現した初期の仲間は淡水や海の浅瀬に住む小さな種ばかりでした。

アレニプテルスは石炭紀に登場した、比較的初期のシーラカンスの仲間です。全長は15センチほどで体高が高く扁平(へんぺい)な体でした。

現在のシーランスからは程遠い姿で、シーラカンスのなかでは変わり種といえるでしょう。 海底付近に生息していたため、腹部のうろこが硬く丈夫なつくりになっています。

シーラカンス類は中生代になると海に進出したものが大型化していきます。最大の種とされるマウソニア・ラボカティは全長3.8メートルです。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 古生物の話』
著者:大橋智之  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
大橋智之(おおはし・ともゆき) 北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員。古脊椎動物担当。1976年、福島県生まれ。東北大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。日本古生物学会会員。