GⅢ・鳴尾記念(土曜・中京)芝2000m

例年、阪神で行わてきたレースですが、今年も昨年に引き続き、中京での施行。データはそれも含めた過去10年です。

1番人気は〔240〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔201〕。

6番人気以下〔343〕、2ケタ人気馬〔102〕。

馬連3ケタ4回に、万馬券2本。

阪神での9回は、毎年1〜3番人気の馬が馬券に絡んでいましたが、中京開催の昨年は8、9、5番人気の1〜3着。馬連万馬券、3連単63万馬券の大波乱となっています。

ステップレースを見ていきましょう。

まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

天皇賞・春から〔300〕。

ヴィクトリアマイルから〔020〕。

大阪杯(GⅡ時代の産経大阪杯も含む)から〔013〕。

中山記念から〔200〕。

新潟大賞典から〔133〕。

他に、京王杯SCから勝ち馬が。

海外GⅠの香港C、小倉大賞典から2着馬が。

有馬記念、日経賞から3着馬が出ています。

重賞組は、人気、着順不問です。

OPの都大路Sから〔121〕。

福島民報杯から〔100〕。

大阪城Sから〔001〕。

OP組も、人気、着順は不問です。

3勝クラスから〔100〕。こちらは勝ち馬です。

連対20頭中、14頭に重賞勝ちがあり、残る6頭中4頭にも重賞2着かOP勝ちがありました。

また、連対20頭中、16頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る4頭中3頭には芝2000m以上の重賞での2着がありました。

前走の人気、着順は不問ですが、連対20頭のうち、OPクラスでの連対が無かった馬は2頭だけ。近走成績よりも、過去の実績を重視してみて下さい。

牝馬は〔020〕。2頭共、当日1番人気に推された馬です。

年齢別に見ておきましょう。

3歳〔000〕、4歳〔235〕、5歳〔531〕、6歳〔223〕、7歳〔021〕、8歳〔100〕。

5歳馬がいいようです。

連対20頭は、すべて関西馬。関東馬は3着に2頭だけ。関西馬が関東馬を圧倒しています。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』