トップは〝巻き付き〟イメージ!

●クラブを身体に巻き付ける
フェースを開きながらバックスウィングすると、クラブが腰の高さに来たときヘッドは背中側にあります。そこから手元は低い状態にある意識を保ったまま、右腕を90度曲げるだけでクラブは身体の近くを通って自然と肩の高さまで上がっていき、右肩と右耳の間にシャフトが倒れ込むようにして〝巻き付き〟ます。

腕を振り上げなくてもクラブが慣性で勝手に動くことでオートマチックにトップの位置が形作られるので、スウィングの再現性がとても高くなるのです。

【日本標準】“良い”とされるレイドオフトップは逆にNG!

【世界標準】クラブが身体に巻き付くイメージ

出典:『世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実』著/板橋繁

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。