コストの安いインデックス投信で分散

本書の「ほったらかし投資」では、シンプルに投資したい資産クラスを選んで、その対象に連動するインデックス投信からコストの安いものを選びます。たとえば、日本株に投資する場合、TOPIX(東証株価指数)に連動するインデックス投信を選びますが、連動するインデックスが同じなら運用成果もほぼ同じです。だったら、差し引かれるコストが安いほうが有利だからです。具体的な投資信託選びについては、5つのポイントがあります。

【Point5】分配金の有無で見比べる
投資信託には、定期的に分配金を払い出すものがあります。分配金の原資は投資している対象の値上がり益や配当、分配金、利子などです。なかには毎月分配金を出す投資信託もあり、おこづかいをもらえるような感覚がウケて根強い人気があります。

ただし、本書で紹介している投資には、分配金を受け取る商品は向きません。分配金は定期的に投資家に払い出さなければならないので、出さない商品に比べると手間とコストがかかります。当然この手間は、信託報酬に上乗せされてしまうからです。

また、分配をしない投資信託は配当や利子をそのまま投資信託のなかで再投資します。そうすれば、そのぶん投資信託の資産が増えるので、長い目でみれば複利効果が大きくなります。しかも、特定口座などの課税口座では、分配金を受け取るたびに税金をとられてしまいます。

再投資なら課税されずに資産が増えるのに、分配というかたちをとるだけで、分配金の約2割の税金が引かれることになります。老後の生活費として定期的に分配金を受け取りたいなら便利ですが、コストが高く複利効果が得にくい分配金型の投資信託は、長期で資産を増やしていこうとする人は選ぶべきではありません。

【出典】『ほったらかしで3000万円貯める! お金と投資の超入門』
監修:坂本綾子/ファイナンシャルプランナー(日本FP 協会認定CFP Ⓡ) 日本文芸社刊