菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●サイコースウィングを手に入れるための練習法
“サイコースウィング”を自分のものにするためには、練習のやり方にもこだわりたい。ただ漠然とボールを打っているだけでは、進化どころか、下手を固めてしまうことにもなりかねないからだ。

菅原大地自らが実践してきた、短い練習時間でも確実に上達する練習のやり方・考え方を教えてもらった。

〝上達のための4カ条〟を守れば誰でもサイコースウィングが手に入る!

【サイコースウィングを手に入れるための4カ条】
1基本をしっかり身につける
2考えながら練習をする
3ゴルフをゲームとしてとらえる
4目標を設定してあきらめない

●ボールを打つだけでは上手くならない
本気で上達したいと思うなら、次の4つのことを意識して練習をしましょう。1つめは、「基本をしっかり身につける」。基本ができていなければ一定のレベルまではいったとしても、途中で上達は止まるからです。

2つめは、「考えながら練習をする」。練習場ではボールを連続して打つのではなく、コースで打つように1球1球を大事にし、どういう球が出たかをチェックしましょう。そしてどこが良かったか、どこが悪かったかを分析する。もし気になるところがあったら鏡の前で素振りをしたり、動画でチェックをして、次のショットではどの部分を意識するかを決めて臨みましょう。

3つめは、「ゴルフをゲームとしてとらえる」。練習のときでもラウンドをしているつもりでターゲットを決め、風を読み、魂を込めて打ちましょう。4つめは、「目標を設定する」。スコアでも飛距離でもかまいません。「いつまでにこうなりたい」ということを明確にして、それに向かって練習に励んでください。