現役生活21年、コーチ歴16年もある中村武志さんにキャッチャーを育てる難しさを教えてもらった

1人のキャッチャーを一人前に育てるには、多少のミスや敗戦は我慢しなくてはいけないものだと話してくれた。

すぐにコロコロと替えていたのでは、キャッチャーは育たない。育成に最も時間のかかるポジションだと中村武志さんは言う。

 

負けが込んできたりすると、監督としては我慢して使いたいと思っていても周囲の人間が「キャッチャーを替えたほうがいい」という意見をしてくるもの。

なので、監督だけではなくフロントも一体となって我慢しないと一人前のキャッチャーは出来ないと話してくれた。