GⅢ・CBC賞(日曜・小倉)芝1200m

例年、中京で行われるハンデ重賞ですが、一昨年は阪神での開催、今年は昨年に引き続き小倉での開催となります。

データは過去10年です。

1番人気は〔211〕、2番人気は〔322〕、3番人気は〔113〕。

6番人気以下〔264〕、2ケタ人気馬〔121〕。

馬連3ケタ1回に、万馬券3本。

波乱のスプリント重賞です。

ステップレースを見ていきましょう。

まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

高松宮記念から〔124〕。

1400m時代の阪神牝馬Sから〔110〕。

京王杯SCから〔011〕。

その他、マイラーズCから勝ち馬が。

ヴィクトリアマイル、NHKマイルC、阪急杯から2着馬が。

海外GⅠのアルクオーツスプリントから3着馬が出ています。

重賞組は人気、着順不問です。

芝のOPから〔413〕。掲示板5頭と、7、9、10着馬。

ダートのOPから〔100〕。勝ち馬。

3勝クラスから〔221〕。勝ち馬3頭に、1番人気だった馬が2頭です。

トップハンデは、10年で10頭いて〔103〕。

勝ち馬のハンデは58〜51キロで、平均すると54.9キロ。

2着馬は57.5〜50キロで、平均54.4キロ。

3着馬は59〜54キロで、平均56.4キロ。

3着の牡馬で56キロ以上が7頭、55.5キロの牝馬(牡馬換算で57.5キロ)が2頭。あとは54キロの牡馬が1頭。

ハンデの重めな馬が3着に多いのも特徴のひとつです。

勝ち馬10頭中、9頭にOPクラスの勝ちまたは重賞3着以内があり、例外の1頭は昨年のファストフォース。格上挑戦で優勝したこの馬には、小倉芝1200mでの勝ちがありました。

また、連対20頭中、17頭に芝1200mでの勝ちがあり、残る3頭は芝1200mが未経験で、かつ芝1400m以上の重賞勝ち馬でした。

牝馬は〔352〕。

年齢別では、3歳〔010〕、4歳〔011〕、5歳〔855〕、6歳〔224〕、7歳〔010〕。

抜けて5歳馬がよく、次に6歳馬。この2世代がいいようです。

過去の好走馬が、再びの好走を見せるのも、このレースの特徴です。具体的に挙げていきましょう。

12年勝ったマジンプロスパー、翌13年連覇。

13年3着サドンストーム、15年も3着。

17年2着セカンドテーブル、翌18年3着。

18年勝ったアレスバローズ、翌19年2着。

19年勝ったレッドアンシェル、翌20年3着。

今年は、昨年と同じ小倉芝1200mを逃げ切った、ファストフォースが出走予定。要注目です。

逃げ馬が〔213〕。阪神、小倉と現在2連勝中。

昨年も平坦小倉でさらに注意としたら、ファストフォースが逃げ切り勝ち。今年は果たしてどうなるのか?展開もしっかり読んで下さい。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』