ヒザが正しく動けば回転量を補い、トップが深くなる

●飛ばしだけでなくかっこよさも向上する
ヒザを内側に向けて構えると、腰の回転や足の蹴りに応じて、ヒザが自然に動き、上と下の動きをつなげます。

バックスウィングでは左ヒザが右に寄っていきますし、ダウンスウィングでは右ヒザが左に寄っていく状態。

下半身がスムーズに力を伝える動きができると、見栄え的にもカッコよくなります。決してがに股にはならないんです。

【かっ飛び!Point】
バックスウィングでは左ヒザが右に、ダウンスウィングでは右ヒザが左に寄るのが正しい動きです。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。