前につんのめりそうな体勢からヒザを曲げ、ツマ先体重をつくる

●中途半端にツマ先に乗せても十分ではない
アドレス時にツマ先で立つのは、筋肉で支える状態。カカトで立つのは骨格で支える状態。

骨格で支えても動けません。筋肉で支えれば、筋力が使えます。

だから、ツマ先で立つんです。

何となくツマ先で立っただけでは、動くとカカト体重に戻ります。

これ以上前に行くとつんのめるというギリギリのバランスの状態からヒザを曲げるのが正しい立ち方です。

【かっ飛び!Point】
脳は無意識に、安定する状態に戻そうとします。それを防ぐにはこれ以上ないほど前体重にしてからヒザを折ります。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。