体幹の前後を均等に使うと前傾姿勢をキープしやすくなる

●前後の筋肉を全部使って飛距離をさらに伸ばす
前傾姿勢が崩れるとスウィングの力が逃げます。

前傾姿勢のキープは非常に大切なんですが、何をすればいいかというと、「保とう」と意識するしかないんです。

ただし、補助することはできます。

それが、アドレスで、前と後ろの筋肉を両方バランスよく使える状態にしておくこと。胸に力を入れて、ちょっと猫背にすればいいんです。

【かっ飛び!Point】
腕立てをする感じで胸に力を入れてから、少し猫背にする。胸が硬いまま背中が少し丸くなる。これがベストです。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。