ボールを飛ばしたい方向へクラブを動かす=叩く

●横に動かすほうがねじるより強く叩ける
構えた身体の向きに対して、ボールは横方向に飛ばしたいわけですよね。

だから、ボールを叩く動きも横向きです。

どうすれば大きな力で右から左に向かって叩けるか。

フェースを目標に向けて、その向きを変えずに、ヘッドを右から左に動かせばいいのです。

そのための手の動かし方は、ねじるのではなく、ヒンジ(蝶番=ちょうつがい)の動きです。

【かっ飛び!Point】
フェース面をボールに向けて、横に動かすのがいちばん強く叩ける動かし方なのです。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。