狐グリップ・ショット<スイングを激変させるグリップ・ドリル>

通常のグリップから、右手と左手ともに人差し指と小指を離して、親指、中指、薬指のみでグリップしましょう。

 

私はこれを『狐グリップ』と呼びます。

次に、実際にスイングしてボールを打ちます。このときのバックスイングの振り幅は、腰の高さくらいが目安です。

 

アマチュアゴルファーの多くが、小指に力を入れすぎる傾向にあります。

このドリルはそのような小指に力が入りすぎる癖を取り除くことが目的です。

小指をクラブから離してボールを打つことで、小指に力を入れなくてもバランスを保てるようになり、余計な力みが消えます。

トライしてみるとわかりますが、この狐グリップは小指がグリップに付いていないため、自然と手首をやわらかく使えます。

 

このドリルには特に決められた回数や球数はないので、自分が小指を必要としない感覚を体得するまで何度でも行いましょう。

また、このドリルはいい球を打つことが目的ではありません。手首のスナップが利いているかどうかを意識してスイングすることを心がけましょう。

 

出典:『グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える』

【レッスンプロ情報】
●松吉信/ゴルフドクター
大学時、学生ゴルファーとして活動する一方、専属プロキャディーのパイオニアとして倉本昌弘プロの優勝に貢献。卒業後、プロキャディーを務めながら、プロゴルファーのマネジメント業にも取り組む。現在、プロ、アマを問わず確実に上達するための、常識を打ち破るレッスンを行っている。著書に『新しいアプローチの教科書』(日本文芸社)、『右手を直すだけでスイングが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える』『本能で!ゴルフ いまの貴方のままで「80」が切れる“新理論”』(いずれも東邦出版)などがある。