球団運営に関する少しマニアックな内容だが、玄人ファンの人にはぜひ聞いて欲しい!

監督やコーチを決めているのは各球団のフロントである。

そのフロントが現場に非協力的な体制だと、良い指導も出来ないのではないか? というのがDJケチャップさんの意見だが、斉藤和巳さんはどう考えているか?

 

斉藤和巳さんも現場のことは現場に任せるべきだという考えだ。

チームの成績が悪くなったからといって、シーズン途中にフロントが手を加えてくるときもある。

しかし、監督やコーチに「今年1年を任せる」ということで編成したわけで、たとえチームの成績が悪くても監督だけの責任ではない。そこに任命責任もある。

 

チーム編成の責任者であるGMという存在の影響も大きい。

日本球界の場合は親会社の功労者などがGMになっている場合もあり、その人は決して野球のプロではない。

メジャーリーグを見てみれば、GMはチームの成績が悪ければ責任を問われて解雇されることも多々ある。日本ではまずありえないこと。

そういう点では楽天イーグルスのように石井一久が監督とGMを兼務しているというのは良い方法なのかもしれない。

 

何でもかんでもメジャーリーグの真似をすればよいと言わけではないが、こういった良い部分は積極的に真似していくべきだと斉藤和巳さんは考えを述べてくれた。