“フォローで加速”してもそこにボールはありません!

●「振る」を重視しても力が逃げれば飛ばない
飛ばすためには「フォローを加速させろ」という指導もありますが、インパクトの後で加速しても、ボールに影響を与えることはできません。

同じように「インパクトを意識せず、スウィングすることが大切」とも言われますが、これも弊害があります。

振ることばかりを考えると、身体が開いたり上体が起き上がったりしがちで、力が逃げてしまいます。

スムーズに振り切るスウィングは一見うまそうですが、インパクトの衝撃が小さければ、飛距離は出ません。

それよりも、叩くことです。

【かっ飛び!Point】
身体の左で風切り音を出しても、球を打つのはその手前。そこで大きな力を伝えなければ意味がないのです。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。