全国49地区 夏の大会データベース
【岐阜】

《2022年 センバツ結果》大垣日大 2回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
大垣日大と中京の2強が優勝争いの中心!公立、私立それぞれの名門も虎視眈々!

私立優勢ながら公立にも強豪が存在し、昨夏のように公立同士で決勝を戦うこともある岐阜県。しかし、今年は私立に勢いがあり、上位争いも私立中心の気配が漂う。

優勝候補筆頭と目されるのは、最近10年で5回優勝している大垣日大。2年生エースの山田渓太と西脇昂暉のバッテリーを軸に、2番手投手の五島幹士や内野手兼投手の三松将也などタレントが揃っている。成績も安定しており、春の決勝のように終盤の大崩れさえなければ、もっとも優勝に近いだろう。

ライバルとなるのが、こちらも私学の雄・中京。春は新型コロナの影響で準決勝を辞退したためベスト4止まりだったが、準々決勝まで10対0、7対0と圧勝していただけに侮ることのできない存在。中学時代に東海選抜に選ばれた経験を持つエースの瀬戸亮太、通算20本塁打を放っている長瀬悠希を中心に優勝争いする戦力は整っている。

2強に続く候補には、春の県を制し、次いで出場した東海大会でも準優勝した岐阜第一と、名門・県岐阜商の2校が挙げられる。特に県岐阜商は、エースの小西彩翔と俊足強打の伊藤颯希という投打の要がしっかりしており、2年連続で代表となるチャンスは十分にある。

春ベスト4の帝京大可児や、県岐阜商と並ぶ公立の雄・市岐阜商も上位に食い込む力を持っており、その戦いぶりから目が離せない。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【東海編】

●強豪地区の威信をかけて巻き返しなるか!?
中京大中京、愛工大名電、常葉大菊川、県岐阜商など、強豪校が軒を連ねる同地区。各県ともにこれらの強豪校に拮抗する新興勢力が台頭しているのが特徴だが、全国制覇は2009年の中京大中京が最後。どの県も代表校は混戦模様だけに、ニューフィエスの誕生もありそう。

愛知一強時代は終焉し、地区内の実力は伯仲!

東海地区と言えば、全国2位となる夏の全国制覇8回を誇る愛知県が長らく牽引し、古豪と新興が甲子園を沸かせる強豪ブロックとして知られてきた。だが、夏の甲子園優勝は09年の中京大中京が最後となっており、直近5年のベスト8以上は、19年の中京(岐阜)の1回のみと苦戦が続いている。

また、春季東海大会は盟主の愛知県勢が共に初戦で敗退するなど、4県が実力伯仲の様相を呈している。同地区の中でいま一番勢いがあるのが静岡県。昨夏の代表校・静岡をはじめ、春季東海大会で初出場初優勝を飾った浜松開誠館や秋季東海大会で準優勝聖隷クリストファーなど、新興勢力の強さが目立つ。

相変わらず私学四強がしのぎを削る愛知県は、ドラフト候補が揃う享栄が久しぶりの代表校へと鼻息が荒い。岐阜県は大垣日大と中京の私立に、春季東海大会で準Vの岐阜第一と名門・県岐阜商の四強が中心で、どこが出てきてもおかしくない。他3県に劣勢だった三重県は、春季東海大会で津田学園と津商がベスト4進出と地力を付けてきた。

出典:『がっつり!甲子園2022』