親指解放グリップ・ショット<スイングを激変させるグリップ・ドリル>

まずは自分に合った通常どおりのグリップをしましょう。そこから左右の親指をグリップから離します。その状態でスイングしてボールを打ちましょう。

これは親指に力が入ってコックがスムーズにできなかったり、スイング軌道が安定せずフックやスライスになってしまうことを防ぐためのドリルです。

 

アマチュアゴルファーの多くはスイングの際に、必要以上に親指に力を入れてしまいコックができなくなったり、また腕をねじってテイクバックしたりしています。すると、過剰にフックやスライスが出やすくなります。

そこでこのドリルが効果を発揮します。

親指を離すと自然とコックができ、正しい腕の使い方が理解できるので、ストレートなボールを打てるようになります。

その感覚がつかめるまで、くり返し行いましょう。

 

出典:『グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える』

【レッスンプロ情報】
●松吉信/ゴルフドクター
大学時、学生ゴルファーとして活動する一方、専属プロキャディーのパイオニアとして倉本昌弘プロの優勝に貢献。卒業後、プロキャディーを務めながら、プロゴルファーのマネジメント業にも取り組む。現在、プロ、アマを問わず確実に上達するための、常識を打ち破るレッスンを行っている。著書に『新しいアプローチの教科書』(日本文芸社)、『右手を直すだけでスイングが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える』『本能で!ゴルフ いまの貴方のままで「80」が切れる“新理論”』(いずれも東邦出版)などがある。