ボールを飛ばす方向に力を出せる構えをつくる

●飛ばすには右下がりで構える
アドレスで考えることは、ボールを目標方向へ飛ばすために、どう力を伝えるかということ。そのための身体のポジションをつくります。

まず、ドライバーはアッパーブローで打つので、左肩より右肩を低く。スタンスは広く。

そして、骨盤から前傾したお尻の高い構えをつくります。

ツマ先立ちになってからカカトをそっと地面につけるように構えをつくりましょう。

胸をボールに正対させると左を向きやすくなります。ボールが胸の正面より左になるように構えてください。

【かっ飛び!Point】
飛ばすことが目的なのでスタンスは広め。目線は斜め上、つまりアッパーブローで打ち出す方向に向けます。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。