構えを止めたら飛ばせない! ワッグルこそがアドレスだ

●アドレスは静止した状態ではない
アドレスはワッグルまで含めた動きのあるものだと考えることがとても重要です。

とくに、ワッグルでのクラブヘッドの動きは、スウィングアークの大きさを決定する、飛ばしの重要なファクターです。

飛ばしたいなら、大きな円弧をイメージできるワッグルを心がけてください。

ワッグルの仕方は人それぞれですが、足踏みをして、その動きに手を連動させる動作が基本です。

そして、指先を使ってクラブを動かし、実際のスウィングの始動の動きをリハーサルします。

【かっ飛び!Point】
ワッグルでのクラブの動きが、そのままスウィング軌道になっていきます。飛ばしたいときは低く、遠くへ。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。