“腹筋”が締まった構えを習慣づけよう!!

●腹筋がゆるむと姿勢が崩れる
飛ばすためには腹筋や背筋を使うことも重要です。

前傾してスウィングするゴルフの場合、背筋を意識しやすい一方、腹筋が「抜け」やすいので、アドレスでしっかりと腹筋を「締めた」状態をつくっておきましょう。

腹筋が抜けているとパワーが出せないだけでなく、お尻が落ちたり、前傾が崩れるなど姿勢が崩れ、スウィング全体が乱れます。

お腹をへこませるようなイメージで締めます。指でみぞおちを押し、腹筋でそれが押し戻されるような感じをキープしてください。

【かっ飛び!Point】
みぞおちを押した指を押し戻すイメージで腹筋を締めます。この確認作業はルーティンにお勧めです。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。