ヘッドはまっすぐ動かしアークを大きくする

●ヘッドが動く円弧を大きくして飛ばす
ドライバーのバックスウィングでは、身体の平行移動に伴って、ヘッドを低く長く遠くへ上げていきます。

それによって、スウィングアークが大きくなるので、飛距離を伸ばせるのです。

体重移動しない場合に比べて、移動したぶんだけアークを「一枠」広げる感覚。長尺クラブを使うのと同じ効果が得られます。

【かっ飛び!Point】
バックスウィングで右にスライドする動きは、アークを大きくすることで飛距離アップにつながります。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。