“腰より上”に上がったらスピードUP!

●強い握りで制御しながら反動で下ろし始める
バックスウィングを始めたら、手が腰より上に上がったタイミングで、動きをスピードアップさせます。

バックスウィングはスウィングの助走。助走スピードが速ければ速いほど、回転量は増え、トップは深くなります。

シャフトはしなり、切り返しの反動も大きくなり、ダウンスウィングのエネルギーが大きくなって飛ばしに有利になります。

上げる際に加速するほど、クラブの重さの負荷がかかります。そこで動きに変なブレを生まないために「強いグリップ」が必要なのです。

【かっ飛び!Point】
始動はアークを大きくするため、ゆっくりでOK。でも、手が腰の高さに来たら一気に最速で上げていきます。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。