「インパクトのエネルギーをいかに大きくするか」が大事

●スウィングの形はつくるべきではない
トップ・オブ・スウィングついては「形としてつくるべきではない」という考えです。

だから形として、手の位置がどうとか、そういう説明はありません。

実を言うとダウンスウィングも同じで、形として考えないでほしいのです。

大事なのは、いかにインパクトのエネルギーを大きくするか。それを考えて動きをつくっていくことが大事であり、形はその結果に過ぎないということを理解してください。

【かっ飛び!Point】
トップなどの形は、インパクトのエネルギーを大きくすることを意識すると、結果としてできあがるものです。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。