飛ばすためには身体を開いてインパクト!

●身体を開くから振り遅れるわけじゃない
「ダウンスウィングで身体が開いてはいけない」と思っているアマチュアがとても多いのですが、プロのスウィング写真を見てください。

インパクトで必ず肩はターゲットよりも左を向いていますし、腰は開いています。身体を早く開くと振り遅れそうという人がいますが、それは大きな勘違いです。

【かっ飛び!Point】
ハーフウェイダウンのタイミングですでに肩のラインはターゲットよりも左を向くのが正しい動きです。

 

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。