「ボールを右に打つ」動きが身につくドリル

※この3ステップドリルは、ウエッジなどの短いクラブを使い、小さな振り幅で行なってください

●step1 手だけで右に打ち出す
身体に対して手を右に振る

身体は左に向けて、ボールを右に打つ。この動きを身につけるには、まず腕の振りを覚えて、それから身体の方向を調整する順序で取り組む。まずはターゲットにスクエアに立ち、下半身を止め、腕の動きだけで打つ。ターゲットラインに対し30〜45度ほど右に打ち出せば合格。

●step2 左を向いてまっすぐ打つ
STEP1と同じ動きで目標方向へ打つ

スタンスをターゲットラインに対して、30〜45度左に向けて(開いて)立ち、STEP1と同じ動きをする。これで打球は、ターゲット方向に飛び出すはず。

●step3 身体を開いてまっすぐ打つ
フットワークと腕振りを組み合わせる

スクエアに立ち、STEP1同様に腕を振りつつ、下半身を使う。インパクトまでに腰と肩を、ターゲットラインに対して30〜45度開いて、まっすぐ飛ばす。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。