「アフターショット・ルーティン」がない人は上達しない!

●成功か失敗かを身体に記憶させる
フォローやフィニッシュは、インパクトの後であり、飛ばしには関係ないのですが、一つ意識してほしいことがあります。

それは「アフターショット・ルーティン」。ショット後、ボールを見送る動きまでをルーティン化し、いま打ったショットがナイスだったかミスだったかによって、打った後の所作を変えるんです。

そして、自分自身の脳に「いまのはOK」「いまのはNG」ということを記憶させる。

それによってナイスショットが経験として、次に生きる度合いが劇的にアップします。

【かっ飛び!Point】
アフターショット・ルーティンで、経験を「次」に活かせます。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。